So-net無料ブログ作成

19.06.18 #鎌倉 「 #御霊神社 」 数年ぶりに ’ #紫陽花の小径 (こみち) ’ を通行できるように保全されていた / #権五郎神社 #鎌倉市坂ノ下 #2019紫陽花 #あじさい #アジサイ [?神社仏閣]

19.06.18  鎌倉「御霊神社」 数年ぶりに ’ 紫陽花の小径(こみち) ’ を


                通行できるように保全されていた


image from lh3.googleusercontent.com

.


” 長谷寺の山門外からチラッっと覗いただけ ”  からの続き


.


御霊神社 (権五郎神社)」 鎌倉市坂ノ下


A01-1) 鳥居前の江ノ電踏切から極楽寺駅方向 


image from lh3.googleusercontent.com


.


A01-2) 鳥居前の江ノ電踏切から


      極楽寺駅方向のトンネル手前をズームアップ 


image from lh3.googleusercontent.com


---


A02) 鳥居前の江ノ電踏切から長谷駅方向 


image from lh3.googleusercontent.com


.


A03) 線路沿いから、鳥居前の江ノ電踏切方向。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


A04) 線路沿いの紫陽花 


image from lh3.googleusercontent.com


-----------------------------------


B01) 拝殿に向かって右の、多くの摂末社と石碑が在る区域から。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


B02) 多くの石碑が在る区域の一部 


image from lh3.googleusercontent.com


.


B04) 多くの石碑が在る区域のヤマアジサイ 


image from lh3.googleusercontent.com


---


B05-1) 東側鳥居から入った場合の立ち位置周辺 


image from lh3.googleusercontent.com


.


B05-2) 東側鳥居周辺から、


     手前:ヤマアジサイの一部 と 奥:山の竹。  


image from lh3.googleusercontent.com


.


B05-3) 東側鳥居周辺から、ヤマアジサイの一部。


image from lh3.googleusercontent.com


--------------------------


C01) 拝殿背後の、紫陽花の小径(こみち)方向。


   左:紫陽花の小径への入口(出口


image from lh3.googleusercontent.com


---


C02-1) 崖崩れで通行不可だったが、


    数年ぶりに’ 紫陽花の小径 ’ が通行できるように保全されていた。


image from lh3.googleusercontent.com


.


C05-2) 散策路、紫陽花の小径。


image from lh3.googleusercontent.com


.


C05-3) 散策路、紫陽花の小径。 


image from lh3.googleusercontent.com


---


C06-1) 散策路、紫陽花の小径。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


C06-2L左) 散策路、紫陽花の小径。  


image from lh3.googleusercontent.com


.


C06-2R右) 散策路、紫陽花の小径。 


image from lh3.googleusercontent.com


---


C07) 散策路、紫陽花の小径。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


C08) 散策路、紫陽花の小径。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


C09) 散策路、紫陽花の小径。 


image from lh3.googleusercontent.com


.


成就院 ” へ続く

表紙ページ ” 給水ポイント ” へ戻る

.

**********************************

(注: ここ数年間は崖崩れにて ’紫陽花の小径’ 中間区域が立入禁止だった。
    昨年18.06.08時点でアジサイ管理者さまの言では、山側は「長谷寺」所有地なので
   小径全長を通しで歩けるようにの整備する計画は無しとのことだったが、
                               今日はOKだった。)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。