So-net無料ブログ作成

驟雨のあと 夕暮れまでの ’ステッペンウルフ’ [ ∟「ステッペンウルフ」野良猫]

驟雨のあと 夕暮れまでの ’ステッペンウルフ’ 06.12.11夕。

04)動画。問題なのは・・・、大特売1切れ¥68を5切れ買って、私と父が 

小説「驟雨」も 「夕暮れまで」も、

今夕の’ステッペンウルフ’とは 全く関係無い。

 

味も素っ気も無い 「○.△.□夕の’ステッペンウルフ’」みたいな

タイトルが続くと、

自分自身が どんな内容だったかを思い出すのが困難で

引用する時に参考・検索し易いように

テキトーに芝居掛かったタイトルを付けただけ。

 

01) 今夕もノッソリやって来た。

   路面は濡れているが、雨は上がっている。

   日が当たらない谷戸(やと)なので、

   この時期は 路面も 空気も湿った状態。

 

 

 

02) 動画。

   今夕は焼いた塩鮭を持ってきた。

   薄塩だから、猫が喰っても平気だと思う。

  

 

 

03) 動画。

   猫ってェ、

   この程度の大きさでも 頬張るのが困難なんだネ。

   ボロボロこぼれたのから喰っている。

   少なくとも、猫に食い殺される人間は居ないとオモフ。

 

 

 

04) 動画。

   問題なのは・・・、

   大特売 1切れ¥68を 5切れ買って、

   私と父が1切れずつ喰って

   他の3切れは 野良猫のエサになったという事実ダ!

  

 

 

05) 動画。

   吉行淳之介の小説 ”夕暮れまで”風に言えば

   「ねぇ・・・、いいだろう?・・・お触りしてもサッ・・・

   「(相手の十代女は頑なに拒む)」

   

06.12.11夕。驟雨のあと夕暮れまでの’ステッペンウルフ’

 

************

記事の内容が

私の えげつないアフィリエイト広告を貼る千載一遇の

チャンスなので、

好きでもない作家の作品だけど ペタペタ貼っておこう!

原色の街・驟雨

原色の街・驟雨

  • 作者: 吉行 淳之介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1965/10
  • メディア: 文庫

夕暮まで

夕暮まで

  • 作者: 吉行 淳之介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1982/05
  • メディア: 文庫

 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。