So-net無料ブログ作成
検索選択

14.04.11 鎌倉「光則寺」古木の海棠が散る前になんとか間に合った。 [?神社仏閣]

14.04.11 鎌倉「光則寺」古木の海棠が散る前になんとか間に合った。

  06-1)


.

山門手前の参道周辺

01-1)

.

01-2)

 ---

椿 _ 光源氏

02-1)

 .

02-2)

.

02-3)

  ---

03-1)

.

03-2)

********************

.

日蓮宗 「 行時山 光則寺 」  _  鎌倉市長谷

04-1)

.

光則寺

04-2)

---

山門から境内へ入って直ぐの、海棠。

05-1)

.

05-2)

---

本堂前の右側が、樹齢約200年の海棠。 

もう盛りを過ぎた この日だけれども、

次のヤマアジサイの準備に勤しむ庭師さんに伺えば 今年の咲きはイマイチだったそうです。

06-1)

.

06-2)

.

06-3)

.

06-4)

.

06-5)

---

本堂前左側の海棠。

07-1)

.

07-2)

---

シャクナゲ(石楠花)

08-1) ’ シャクナゲ ’

.

08-2)

.

08-3)

.

08-4)

.

08-5)

---

09-1)

 .

09-2)

 .

09-3)

 ---

10-1)

.

10-2)
 .

10-3)

 ---

11-1)

 .

11-2)

 ---

侘助椿(わびすけつばき)_初雁(ハツカリ)_昭和侘助

12-1)

.

12-2)
 

---

13)

---

14)

---

15)

---

16)

---

バイモ(貝母)_アミカサユリ(編笠百合)

17-1)

.

17-2)

.

17-3)

---

18-1)

.

18-2)

---

19-1)

.

19-2)

---

20)

---

21-1)

.

21-2)

---

22) 桜

---

著莪 (しゃが)_シャガ

23) シャガ

---

大橋太郎道貞 土籠

24)

---

25)

---

26)

---

27-1)

.

27-2)

.

27-3)

---

28-1)

.

28-2)

.

錯視。

大きな鳥が長い嘴(くちばし)で池の昆虫を啄んで(ついばんで)いるものと

見誤って撮った。

28-3)

.

-------------

.

孔雀の ’ クーちゃん ’ と 息子の孔雀は いつも通りに小屋に居て

鶴のような鳴き声を境内中に轟かせていたが、やっぱり 番(つがい)の母親はいなかった。

尋ねたら、既に亡くなったとのこと。

.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。