So-net無料ブログ作成
検索選択

鎌倉「瑞泉寺」梅の季節 [?神社仏閣]

鎌倉「瑞泉寺」梅の季節。 鎌倉市二階堂。06.03.12  8:50am~

(11.01.22 損壊した過去記事を、不完全ながら可能な範囲で修復した。)


.
( アルバムは、最後尾にあります。)
 

01)鎌倉「瑞泉寺」。参道から「総門」を観る。

朝 8:20amに家を出て 自転車で着たんだけれど、
8:40amに着いてしまった。 開門は9:00amだったはず。
20分間で来たのはよいけど、
同じ20分間を待つのはマイッタなァ~

 ----------------

02)朝8時40分で早過ぎた。総門右奥の宅地を散策。

瑞泉寺は谷戸(やと)の最奥ドンヅマリに在るのだけれど、
総門の右側の奥まで切り拓かれて
新築された家が立ち並んでいた。

宅地への入口付近に「天園ハイキングコース」への
登り口があった。
天園なんて 小学校低学年の遠足か何かで行ったきりだ。
天園なんて場所すら 脳裏から消えていた。

そういえば、最近 TVで度々放映されるなぁ。

03)宅地内の民家で中華料理店を営業。

ここ以外にも立ってたけど、これは崖に立っていた。
実際には、5mほど手前の民家だった。
中華料理店らしい。

 

04)中華料理店「凛林」

民家=店 の入口。

 

05)「凛林」メニュー

私の安物カメラでは接写出来ないので、
自宅で写真を拡大しても詳細は不明。

 

06)「凛林」看板兼メニュー台

朝早くから他人様の庭へ踏み込んでいるわけだから、
この写真を撮るだけでも勇気が必要だった。

-----------------------

07)鎌倉「瑞泉寺」。9時のところを、8時50分に開門してくれた。

受付小屋へ戻ったら、
9時のところを 8時50分に開門してくれた。
後で気づいたが、
今日は檀家の法事で 出席者が早めに到着していたようだった。
こちらとしても助かった。

駐車場も有るんだなぁ・・・
私は昔のイメージが染み付いていてクルマで来る気はしない。
もっとも、思いのほか チャリンコで20分ほどなんだけど。
大塔宮(鎌倉宮)からココまでの道は、
今でこそ ほとんどのドブや側溝に蓋が被せられて
クルマが通り易くなったけど 昔はとても狭かった。

08)鎌倉「瑞泉寺」。新旧の石段。

私は いつも旧階段を通るけれども、
私個人の意見としては 旧階段を閉鎖してもよいと思う。
石段の磨り減りや欠けから守ったり、
苔生す石段にしてもよいかな っとも思う。

 

09)鎌倉「瑞泉寺」。山門前の旧階段。

 

10)鎌倉「瑞泉寺」。山門。

 

11)鎌倉「瑞泉寺」。仏殿と境内の梅。

毎度毎度の言い訳なんだけど・・・
早朝の低い太陽の反射で上手に撮れない。
可能な限り、太陽を太い木に隠した位置で撮った。

 

12)鎌倉「瑞泉寺」。低い古木。

 

13)鎌倉「瑞泉寺」。鐘楼の隣。

 

14)鎌倉「瑞泉寺」。仏殿。

梅の見頃は 五分咲きのときといわれるから、
今日は 花見の時期が少し遅かったようだ。

 

15)鎌倉「瑞泉寺」。藤棚の休憩所から崖の梅と椿を観る。

  今日は富士は見えない。

冬の天気がよい日は、富士の山頂が見える。
こんな奥まったところから富士が見えることを
知る者は少ない。
前回来た時は 運良く 観ることができた。
偶然と云うよりも、
意図して この位置に建立したかのように感じる。

 

16)鎌倉「瑞泉寺」。仏殿前の天然記念物「黄梅」。

 

17)鎌倉「瑞泉寺」。天然記念物「黄梅」。

 

18)鎌倉「瑞泉寺」。仏殿前を左に進行。

 

19)鎌倉「瑞泉寺」。「どこもく地蔵堂」。

 

20)鎌倉「瑞泉寺」。仏殿裏の庭園。

 

21)鎌倉「瑞泉寺」。夢窓国師作といわれる庭園

これは文化財なのだが、
私が子供の頃に訪れた大邸宅の裏庭も
このような 山へ通じる道が設定されていた。

実家近所に在った別荘の裏庭で毎日遊ばせてもらったが、
このような道を登って 山の中を走り回ったものだ。
そんな山も その別荘も今は無く、宅地造成されてしまった。

風流さ とか 芸術性とは別に、
私にとっては 幼い頃を思い出させる何かがあるので
敢て この部分だけを撮った。

 

22)鎌倉「瑞泉寺」。拙者は、接写ができない。

  安物カメラではこれが限界。

実際は黄色の花だけど、
早朝の低い太陽の反射で 白く写ってしまった。

 

23)鎌倉「瑞泉寺」。

 

24)鎌倉「瑞泉寺」。

 

25)鎌倉「瑞泉寺」。崖の椿。

 

26)鎌倉「瑞泉寺」。

 

27)鎌倉「瑞泉寺」。

 

28)鎌倉「瑞泉寺」。

 

29)鎌倉「瑞泉寺」。

 

30)鎌倉「瑞泉寺」。

 

31)鎌倉「瑞泉寺」。

 

32)鎌倉「瑞泉寺」。天然記念物「冬桜」水戸黄門手植えと伝う。

 

33)鎌倉「瑞泉寺」。天然記念物「冬桜」水戸黄門手植えと伝う。

推定樹齢300年!

 

34)鎌倉「瑞泉寺」。

 

35)鎌倉「瑞泉寺」。

 

36)鎌倉「瑞泉寺」。

奥の庭は非公開。

 

37)鎌倉「瑞泉寺」。

非公開の庭の一部。
可能な範囲での見える部分。

 

38)鎌倉「瑞泉寺」。檀家の法要だそうだった。

 

39)鎌倉「瑞泉寺」。

 

40)鎌倉「瑞泉寺」。

 

41)鎌倉「瑞泉寺」。鐘楼。

 

42)鎌倉「瑞泉寺」。鐘楼下から山を観る。

 

43)鎌倉「瑞泉寺」。山門の外。

  奥の小屋は吉田松陰とは無関係、単なるポンプ小屋。

  今日、それを知った。

ずっと前から 奥の小屋二つは、
吉田松陰所縁の社かな? っと思っていた。

管理人の方が小屋の方から戻って来たので聞いたら、
「単なるモーター小屋だよォ」 だって。 ドテッ!
ポンプ施設らしい。

 

44)鎌倉「瑞泉寺」。新階段を下る。

今日は 新石段を下った。

 

45)鎌倉「瑞泉寺」。墓苑への道から山の雑木を観る。

石段を下り終えて、
引き返すように 墓苑への分かれ道を登った。

 

46)鎌倉「瑞泉寺」。墓苑。

初めて墓苑に入った。
思いのほか日当たりが良い方だ。

 

47)鎌倉「瑞泉寺」。墓苑への近道。

 

48)鎌倉「瑞泉寺」。

--------------------

49)帰り道。「永福寺(ようふくじ)跡」近隣のテニスコートと梅。

これはオマケ。

--------------------

アルバム

Biglobeウェブリアルバムhttp://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/10031580003a9541e868a91e742ffab118c63f430/699412412251913411

 

 

06.03.12鎌倉「瑞泉寺」梅の季節  06.03.12鎌倉「瑞泉寺」梅の季節

06.03.12鎌倉「瑞泉寺」梅の季節  06.03.12鎌倉「瑞泉寺」梅の季節

----------------

 参考までに、前回’06.01.08の写真は↓下記の記事にあります。

初詣 / 鶴ヶ岡八幡宮→荏柄天神→大塔宮→瑞泉寺 

 

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(7) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 2

yana_015

あれ?こちらにも?
とにかく素敵な写真の数々をありがとうございました。
by yana_015 (2006-03-13 21:41) 

mitch

おおっとォ~!

えぐ様。
コメントいただいたのに気づかず スンマセン!
このブログが重いので、改善されるまで FC2ブログにもバックアップしておりました。
今日現在では、少しだけ軽くなりましたネ。
by mitch (2006-03-17 17:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。